どこまでOK?アフィリエイトと商品画像の使い方

アフィリエイトで画像を使いたい時は、商品画像をアフィリエイトリンクにして使うのが基本です。

ですが、販売者ページの画像に直接リンクを貼る方法は、商品が売り切れて画像が削除された及び画像URLが変更された際に、画像が表示されなくなります。

この画像のリンク切れを100%防ぐには、画像を自サーバーに保存するしかありませんが、無断で使用すれば著作権の問題もありますので、画像の使い方には注意が必要です。

自サーバーに保存して使う方法

プログラムによっては、画像を自サーバーに保存して使うことを許可している広告主がいます。

例えば、バリューコマースの「Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)」プログラムのMyLinkの説明には、画像の保存先が「広告主側」「アフィリエイトサイト側」となっています。

画像の保存先

画像の保存先

この場合、広告主の商品画像に直接リンクさせて使うこともできますし、画像をダウンロードして自サーバーに保存して使うこともできます。

バリューコマースにも問い合わせてみましたが、この方法で問題ないとのことです。

画像の保存先が「アフィリエイトサイト側」とある場合は、アフィリエイトサイト様側にて画像を保存の上、ご利用のホスティングサービスにてアップロードいただくこととなります。

また、テキストリンクを一緒に掲載している時は、画像にアフィリエイトリンクを付与せず使うことも特に問題はないとのことです。著作権の問題もクリアしていますし、一番ベストな方法です。

Yahoo!ショッピングには莫大な数の商品がありますので、大抵の商品画像は見つかると思います。

広告主側に保存してある画像を使う方法

僕の経験上、通販サイトで画像のリンク切れが一番起きにくいのはAmazonです。

僕は今までAmazonの商品画像がリンク切れになったのを見たことがありません。

購入者目線のAmazonと販売者目線の楽天市場

2014.06.23

Amazonアソシエイトに参加していること前提なのですが、商品画像をアフィリエイトリンクにして使いたい時は、Amazonアソシエイトを利用すれば、画像のリンク切れはほぼ起きません。

逆を言えば、楽天市場やYahoo!ショッピングの個々のショップは、画像のリンク切れが頻繁に起きます。同時に、リンク先の商品は在庫切れになっていますから、個人的にはお勧めしません。

画像の無断使用について

著作権や肖像権の侵害にあたります。

運営に問い合わせても、恐らく許可はしてくれません。ネットでいくら調べても、問題ないと断言されている方はいないと思います。心配な方は先に紹介した方法を使って下さい。

アフィリエイトプログラムに参加して、画像にアフィリエイトリンクを付与すれば問題ありません。

ただ、アフィリエイトで商品を紹介する際、無断で商品画像を使用されている方はたくさんいます。また、これを企業や販売者から厳しく注意されることはほぼありません。

商品のイメージや評価を損なう様な使い方をしなければ、暗黙の了解なのだと思います。

アニメの画像や漫画の画像を無断使用されている方がたくさんいるのに、特に問題にならないと同じです。元々、著作権は親告罪ですから、著作権者の判断に全て任せられているからです。

もちろん、これはあくまで僕自身の考え方なので、厳密に言えばアウトです。

後はご自身で判断して下さい。どうしても気になる方は、著作権者に問い合わせて下さい。

最後に

中には、画像の改変が可能だったり、提携サイトにない画像の使用まで許可されているプログラムもあります。逆に、画像の使用が許可されていないプログラムもあります。

同じプログラムでも、ASPによって条件が異なる場合もあります。

たかが商品画像かもしれませんが、アフィリエイトをする際は使い方にも気をつけて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク